• ホーム
  • 取扱商品
  • レザベイユについて
  • アピセラピー
  • ハチミツの食べ方・楽しみ方
  • ご注文ガイド
  • ご注文・お問い合わせ

ハチミツの種類と特徴

品名 特徴
ACACIA:アカシアの花
Ttes régions France フランス全地方
清澄なミエルの一つ。
ほぼ透明な液状で結晶化の始まりが非常に遅いのが特徴。微妙な花の香りが感じられ、甘く繊細な味覚。
ALPAGE:アルパージュ
(高山植物:大半がシャクナゲ)
Pyrénées ピレネー地方
大変明るい純白色である。
甘みがあり植物の香りがする、とても人気の高い種類。フランスでも非常に珍しい。
AMANDIER:アマンディエ(アーモンド)の花
Vaucluse ヴォクリューズ県(南フランス)
非常に薫り高く、風味があり、半透明の焦茶色。
アーモンドの花は、朝早い時間に咲くためミツバチの活動が間に合わず、希少価値が高いミエル。
CHATAIGNIER:シャテニエ(栗)の花
Cévennes セヴェンヌ地方
(中央高地)(南フランス)
フランス中央山岳地帯などで採取される。
赤褐色で濃厚、香り高い。フランスのミエル通に人気。
CITRONNIER:シトロニエ(レモン)の花
Espagne スペイン
薄黄色のクリーム色。
クリーミーでデリケートな味わい。オレンジのミエルに似ている。
FORET:フォレ(森の植物)の花
Franche-Comté フランシュ・コンテ地方
(東フランス)
透明感のある暗褐色が美しい。
黒蜜のような濃厚な味わい。
FRAMBOISIER:フランボワジエ(木苺)の花
Auvergne オーベルニュ地方
(中央フランス南部)
雪のような琥珀色で固さがあり、甘みが強い。
特にこの種の採取地で有名なオーヴェルニュからのもの。崇高な香りにきめ細かい結晶を持ち、とろりとしたテクスチュール。
LAVANDE:ラヴォンド(ラヴェンダー)の花
Drôme ドローム県プロヴァンス地方
フランスミエルの最高品とされ、愛され続けている。
味はデリケートで、色はラヴェンダーによって透明感が変わり黄色がかったものや白いものもある。
ORANGER:オランジェ(オレンジ)の花
Espagne スペイン
見事なまでの金色で、味も心地もよい。
デリケートな匂いと柑橘の匂いを含んだ見事な柑橘類のミエル。
GATINAIS:ガティネ
Gâtinais ガティネ地方
パリの南東に位置する地域で採取される。白くきめ細かい結晶(クリーミーさ)が特徴。フランス国内ではよく知られ、特にパリジャンに高く評価されている。
ROMARIN:ローズマリーの花
Languedoc ランドック地方
乳白色で、舌の上でざらざらした感じが楽しめる。
甘みが強い種だが、口あたりは柔らかくクリーミーで上品な風味を持つ。
SAPIN:サパン(もみの木)
Vosges ヴォージュ地方
Hte-Loire ロワール地方
甘く、色は赤茶もしくは黒で、通常は液状。
濃厚な味をもつ、希少価値の高い品種。このミエルの大ファンは、暖かな感じと新鮮な触感に惹かれている。
THYM:タム(タイム)の花
Provence プロヴァンス地方
色はミルクティーのようなブラウン色。
強い芳香を放ち、かすかな麝香の匂いがあり、味はとても強い。その強い特徴により、人気が高い品でもある。
TILLEUL:ティユール(菩提樹・シナ)の花
Bourgogne ブルゴーニュ地方
色は大変バラエティーに富み、黄色・薄い黄色、琥珀色であったり、オレンジ、赤茶、薄緑色の時もある。
色が自然に大きく左右される。
TOURNESOL トゥルヌソル(西洋ひまわり)の花
Ttes régions France フランス全地方
輝くような黄金色をし、カナリア色もしくはオレンジの色を発するこのミエルは、
現在フランスでもっとも多く生産されている。
取扱商品
ハチミツ
マンディアン
ボンボン ミエル
ヌガー
パンデピス
ムラング
ハチミツ酢
ヤオ(特製プレーン ヨーグルト)
ショコラ
石鹸
プロポリス関連
容器・スプーン・箱他
ギフトセット
レザンドレ・オ・ソーテルヌ貴腐
フェーヴ
ハチミツについて
ハチミツとは
ハチミツの種類と特徴
ハチミツが採れるまで
レザベイユについて
レザベイユについて
国内運営会社
商品取扱店舗
メディア掲載紹介
店舗をお持ちの方へ
オリジナル製作について
フェーヴ王冠コレクション