• ホーム
  • 取扱商品
  • レザベイユについて
  • アピセラピー
  • ハチミツの食べ方・楽しみ方
  • ご注文ガイド
  • ご注文・お問い合わせ

Les Abeillesについて

パリにあるハチミツ専門店。入り口にある“二匹のミツバチが向かい合っている(=複数)”ロゴマークが目印です。レザベイユとは、フランス語で「ミツバチ(l'abeille:ラベイユ)の複数名詞」を意味します。

Les Abeilles(Paris) 店舗紹介

シャクマンデス氏が店を構えたのは1993年。店はパリの南東13区、Butte aux cailles:ビュット・オ・カイユ(鶉の丘)という丘にあります。パリの田舎と言うにふさわしいこの小さな丘は、パリジャンに愛され、週末には多くの人が集まります。
彼は店のオーナーとしてだけでなくパリ・ミツバチ協会の会長も務めていたため、養蜂を趣味とする若い人たちがテクニックやアドバイスを仰ぎに訪ねてくることもしばしば。
更に、ミツバチの巣箱や作業着など、養蜂に必要な道具を売っているのもパリではここだけ。「レザベイユ」は、ハチミツ愛好家たちに愛されてやまない“高品質ハチミツ専門店”です。

レザベイユ店(パリ)外観
<Les Abeilles>
21 rue de la Butte-aux-Cailles 75013 Paris FRANCE
01-45-81-43-48

Histoires (Schakmaundes & izumi)

パリの南東13区‘鶉ヶ丘’Butte aux Caillesという名の小さな丘に、彼の店<レザベイユ>はある。パリの田舎と言うにふさわしいこの小さな丘は、パリジャンにも愛され、週末には多くの人が集まる。
(memoire vive 2004-5 izumiより)

シャクマンデス氏01

シャクマンデス氏02

プロとして蜂蜜業を営む人は少ない。彼はその数少ない中の一人である。
自然と生き物をこよなく愛する彼は、30年ほども前から養蜂を趣味としてはじめ、やがてそれは本業に辿り着く道のりになったのである。
「蜂蜜は、人の力を一切加えずにできあがる、唯一の自然食なんだ」と古代からの宝物を守るように彼はミツバチ達を守って生きている。(memoire vive 2004-5 izumiより)

シャクマンデス氏03

養蜂箱

ミエル(=ハチミツ)の生産は環境の変化に正直であるから、環境破壊は蜂の命にかかわり、蜂蜜も採れなくなるのである。(memoire vive 2004-5 izumiより)

Les Abeilles Japon(レザベイユ・ジャポン)の紹介

株式会社レザベイユ・ジャポンは、パリ レザベイユ店で取り扱っている全商品の日本唯一の輸入販売会社です。パリ レザベイユのオーナーであるM.J-J.Schakmundes(ジャンジャック・シャクマンデス氏)のご協力により、同店の商品を日本の皆様に低価格にてお届けしています。
また、日本でもハチミツをより身近に召し上がって頂けるように、日本だけのオリジナル商品や季節限定商品の企画・販売も行っております。


〒107-0062
東京都港区南青山3-15-2
TEL:03-6804-3667
Open:11:00~19:00
Close:日・月・祝

MAP

Le metier de Schakmundes : シャクマンデス氏の仕事

養蜂のプロになるまで

シャクマンデス氏フランスにいる養蜂家の85%以上が趣味で養蜂を行っているといわれています。プロとして養蜂業を営む人は少なく、ほんの5%程度だそうです。シャクマンデス氏は、その数少ない中の一人。
もともと彼は、映画のプロデューサーや英語翻訳家、ソウルでのフランス大使館勤務など、さまざまな仕事に携わってきました。
昔から自然や生き物をこよなく愛していた彼は、30年ほど前から趣味として養蜂をはじめていましたが、やがてそれが本業に辿り着く道のりとなりました。(2002年インタビューより)

ここ最近、フランスではアマチュアによる養蜂活動が盛んになってきているそうです。
地方では畜産家による整備・管理などの対応が行き届いていますが、パリはそうではありません。数年前からアマチュア養蜂家の増加に合わせる形で、養蜂のスペシャリストによる指示を仰ぐなどして対応に追われている状況で、シャクマンデス氏も協力をしています。ときには、消防署からハチの巣駆除の発動命令が出ることもあるのだとか。
パリ・ミツバチ協会元会長として、一人の養蜂家として、ハチミツ王国フランスの指導者的存在として、彼は日々真剣に養蜂に取り組んでいます。

レザベイユ(シャクマンデス氏)のこだわり

ハチミツを採取する花ハチミツの扱いでは、ミツバチが作ったまま(=出来る限り人の手を加えないこと)を大切にしています。
養蜂作業の中には、ミツバチが病気予防に薬のようなものを使うことがありますが、彼は、この薬品も自然のものだけを調合して独自のもの作っています。
更には、これをフランス全土の養蜂家たちへ紹介しながら、ミツバチとハチミツにとって良い環境が整うように、できる限り自然へ配慮をした活動を行っています。

煙を焚く養蜂風景

蜂の巣箱を確認するシャクマンデス氏

養蜂中のシャクマンデス氏

取扱商品
ハチミツ
マンディアン
ボンボン ミエル
ヌガー
パンデピス
ムラング
ハチミツ酢
ヤオ(特製プレーン ヨーグルト)
ショコラ
石鹸
プロポリス関連
容器・スプーン・箱他
ギフトセット
レザンドレ・オ・ソーテルヌ貴腐
フェーヴ
ハチミツについて
ハチミツとは
ハチミツの種類と特徴
ハチミツが採れるまで
レザベイユについて
レザベイユについて
国内運営会社
商品取扱店舗
メディア掲載紹介
店舗をお持ちの方へ
オリジナル製作について
フェーヴ王冠コレクション